• 脱毛器のタイプ別の特徴

    脱毛器には主にレーザーを照射するレーザータイプの製品や、IPLなどの光を照射するフラッシュタイプの製品、熱線で皮膚から出ている毛を焼き切るサミコーンタイプの製品があります。

    レーザータイプの脱毛器は、脱毛サロンや美容クリニックで導入されているレーザー脱毛機を、家庭で安全に使用できるように、パワーを抑えたもので、細かな部位まで丁寧に脱毛を行いたい場合には満足のいく効果を得ることができます。

    脱毛器の便利な情報を集めたサイトです。

    しかし、脱毛能力が高い分だけ痛みも感じやすくなります。

    多くの製品は、パワーを数段階に切り替えることができるようになっているので、初めは、一番軽いレベルで照射を行うとよいです。

    また、照射前に、保冷剤等で脱毛したい部位をしっかり冷やしておくと、痛みを軽減させることができます。


    フラッシュタイプの脱毛器は、レーザータイプに比べると、脱毛威力は少し劣りますが、1回に照射できる範囲が広いというメリットがあります。



    また、多少の痛みはあるものの、レーザータイプほど痛くないので、初めて脱毛器を使用する人にも、使いやすいタイプとなります。


    レーザータイプに比べ、脱毛を実感できるまでに数か月から1年以上かかる場合がありますが、継続して脱毛処理を行ううちに、毛が薄くなっていくのを実感することができるようになります。サミコーンタイプの脱毛器は、電気シェーバーに近い製品で、毛を抜くのではなく表面に出ている毛を焼き切っていきます。


    焼き切るときの熱が毛根にも伝わっていくので、新しい毛が生える速度がゆるやかになるというメリットもあります。

    脱毛というより除毛タイプになりますが、シェーバーの感覚で使用すると、早く処理ができてよいです。